四方山話
 

  ここ数ヶ月NY、イタリア・トリノに出品するための作品制作に取り組んでいる。NYの方は依頼を受け長方皿中心である。20kgの土を使用し、制作時の長さは1m前後だ。これが乾燥、焼成を経過し完成すると90cm前後の長さの作品になる。もう20を超える数の成形を試みたが本焼きまでたどり着くのはその半分である。途中幾つかの難関が待ち構え、ほんの僅かな衝撃でパキッと折れてしまう。そして最終的にすべてをクリアーし、世に出せるのは10パーセントくらいの確立でしかない。これまで1m近い長方皿と言えば加藤清之さんの織部長方皿1点を見かけたくらいだ。こうしてみると自分の未熟さだけではなく、技術的、物理的な難点が潜んでいるのかもしれない。この長方皿作りホトホト悪戦苦闘している。
  今年12月イタリア・トリノの
由緒ある宮殿の5室を使用し、Alessandro Beghiniさん(イタリア)、Jeff Shapiroさん(アメリカ)と私の3人展を開催する。一人25点の出品。タイトルは「SPIRIT OF THE FORM」。制作意欲を掻き立てる様なタイトルだ。イタリアでもこの様な展覧会は珍しい企画と聞く。展覧会はまだ先だが、図録の制作があるので作品の方はもう3ヶ月の猶予も無い。今回の最新作3点は、この展覧会出品候補でもある。展覧会の会期は1ヶ月、見ごたえのある展覧会にしたいものだ。3分の1であるが私の責任も重い!


                                                     (03/16/2007)


Copyright (C) 2003 Soshintougi. All Rights Reserved.