四方山話
 

  今年は年初から不作続きで、納得のいく作品が出来ない。窯焚き前には、神棚・窯にお神酒上げ、お塩で清め、 拍手を打って焼成の無事と傑作誕生を祈るだが、結果は全滅もしくは凡作!続きだ。 神様への祈りがまったく届かない。うちの神様旅行にでもお出掛けになられているのだろうか?

  チリ鉱山落盤事故、69日を経て作業員33名が無事救出された。 「自分の前に悪魔と神様が現れ、私は神様を信じ、神様の手を握り締め手を決して離さなかった!」 生還された作業員のコメントだ。落盤事故生還作業員に倣って私も神様を信じ、 決して神様の手を離さないでおこうと思う。

  来年3月アメリカボストンで「The Elusive Tea Bowl」展「抹茶碗」の展覧会が開催される。楽吉左衛門さんをはじめ当代茶陶を代表する作家・人気作家が名を連ねた展覧会になると言う。ボストンの主催者より私にも出品依頼が届いた。一人3点の出品。志野・織部・瀬戸黒もしくは黒織部で臨もうと思う。今回最新作で挙げた「白雪志野茶碗」 独自の肌合いをした志野の片鱗がある。もっと白の肌合いと造形に磨きをかけ、差別化した東田志野を完成させ、ボストンに送り込みたいものだ!                 


                                                    (10/18/2010)


Copyright (C) 2003 Soshintougi. All Rights Reserved.